太陽光パネルを設置する際に発生するトラブル~屋上防水工事で予防する~

太陽光パネルの取り付けを行なうと雨漏りが発生することがあります 太陽光パネルの取り付けを行なうと雨漏りが発生することがあります

太陽光パネルの設置後はトラブルが発生する可能性が高い

太陽光パネル

太陽光パネルを設置すれば、住宅内で使用する電気を自宅で確保することができます。しかし太陽光パネルの設置後には、何らかのトラブルが発生することが多いです。ここでは太陽光パネルの設置後に発生しやすいトラブルについて詳しく説明します。

太陽光パネルの設置後に発生しているトラブル

太陽光パネルの保証がもらえなかった
太陽光パネルを設置する際は保証がついてきますが、工事内容によってはこの保証が提供されないことがあります。保証がもらえないと国からの補助金は受け取ることができず、太陽光パネルの設置費用は自分で支払わなければいけません。
塩害によって設備が錆びてしまった
太陽光パネルを設置した住宅が海沿いに面していると、海からの潮風などが原因で設備に錆が発生する可能性が高いです。そのため太陽光パネルを設置する際は、事前に各メーカーの設置条件を確認しておく必要があります。
パネルの上から雪が落ちて近隣住民に被害が出た
太陽光パネルを屋根に設置すると、パネルの上に降り積もった雪が落ちてきて人や車に被害を与えてしまうことがあります。そのため太陽光パネルを設置する際は設置場所をよく考え、人や車に悪影響を与えないようにしましょう。
天井から雨漏りが発生してしまった
太陽光パネルを取り付けた後、天井から雨漏りが発生するようになった事例は多く発生しています。場合によっては設置を行なって数年経過した後に雨漏りが発生することもあるため、太陽光パネルを設置する際は気を付けましょう。

設置の際は信頼できる業者を選ぶことが非常に重要です

太陽光パネルを設置する際は信頼性の高い業者を選び、きちんとトラブルに対応できるように対処する必要があります。信頼できる業者に施工を任せておけば、屋上防水や住宅に適した工法を使ってトラブルの発生を未然に防ぐことが可能です。

設置後の雨漏りトラブルが増加中

太陽光パネルを設置した後は雨漏りの発生に注意し、万が一発生した際は屋上防水などの施工を実施しなければなりません。ここでは太陽光パネルを設置した際にトラブルが生じてしまった方の体験談を詳しくご紹介します。

雨漏りトラブルの体験談

雨漏りの修理に多額の費用がかかりました(30代/男性)

太陽光パネルを業者の方に設置してもらったのですが、雨漏りが発生してしまい住宅内が水浸しになってしまいました。原因は業者の施工ミスであったようで、結果的には雨漏りの修理に多くの資金と時間を費やすことになりました。

屋根が破損して雨漏りが発生してしまいました(30代/女性)

自宅に太陽光パネルを設置してもらったのですが、屋上防水工事もしておらず、建物の老朽化が酷くパネルの重さによって屋根が破損してしまいました。これが原因で建物の修繕を行なうことになったので、現在は無計画で設置を行なったことを後悔しています。なので、今後またパネルを設置するときは、万が一のために屋上防水工事もしておこうと思っています。

まとめ

パネルを運ぶ人

このように太陽光パネルを設置した方の中には、住宅に多大な悪影響が生じた方も存在しています。質の高い屋上防水や設置工事を実施するためにも、住宅に太陽光パネルを設置する際は施工を任せる業者選びがとても重要です。

TOPボタン